産後の栄養と健康管理
2018.03.30

授乳中にインフルエンザ!薬の影響は?かからないための予防法

授乳中は薬の使用に敏感になるものです。もしインフルエンザにかかってしまった場合でも、薬での治療は受けられないのでしょうか。授乳中にタミフルなどの治療薬は使えるのか、赤ちゃんへの影響はないのかについてご紹介します。また、インフルエンザにかからないための予防法も、あわせてご覧ください。

毎年猛威をふるうインフルエンザ。授乳中もインフルエンザにかかる可能性がないとはいえません。もしかかってしまった場合、どう治療するのがよいのでしょうか。授乳中のインフルエンザ治療薬の影響や、インフルエンザの予防対策について見ていきましょう。

授乳中にインフルエンザの治療薬は使える?

一般的に授乳中であれば薬の服用は医師、薬剤師に要相談とされています。インフルエンザにかかってしまったときでも同様なのでしょうか。

授乳中のインフルエンザ治療薬使用はOK

授乳中の抗インフルエンザ薬投与は、利益が不利益を上回るとされています。発熱してから48時間を過ぎてしまうとウイルスが増殖した後になってしまうので、早期治療、早期発見が重要になります。突然高熱が出てきたら、早めにかかりつけ医に相談しましょう。

インフルエンザ治療薬の影響はどのくらい?

授乳中のインフルエンザ治療薬使用による乳児への影響は、わずかであると考えられています。もし母親がインフルエンザ治療薬のタミフルを服用した場合、母乳を通して乳児が薬を摂取してしまう最大量は0.012mg/kg/日となる報告があり、小児の標準摂取量2~4mg/kg/日と比べると大分低いことがわかります[1]。

授乳中に使用した場合、授乳を止めるよう添付文書で説明している薬もあります。処方するかどうか、またどの薬剤を選ぶかの判断はかかりつけ医にしてもらいましょう。授乳中に使うべきでない成分が入っている可能性があるので、自己判断で妊娠前に処方された薬や、ドラッグストアなどで買える市販薬の服用は避けてください。

授乳中のインフルエンザ予防

そもそも授乳中にインフルエンザにかからないためにはどうすればよいのでしょうか。

インフルエンザワクチンを接種する

インフルエンザ予防の最も有効な方法は、ワクチンを接種することです。もし妊娠中であれば、妊娠中にワクチンを打っておきましょう。妊娠中にインフルエンザにかかったときは重症化しやすいというリスクがあるからです。

ちなみに、インフルエンザワクチンには水銀が入っているので危ないという声を聞いたことがあるかもしれません。インフルエンザワクチンに含まれるのはエチル水銀(チメロサール)という物質で、防腐剤の役割を果たしています。しかし含有量は極微量であり、たとえ妊娠中の接種であっても胎児への影響はないと考えられています。

防腐剤を含まないワクチンもあり、妊娠中、授乳中は、基本的にそちらを投与しますが、周りでインフルエンザが流行中で一刻を争う状況であれば防腐剤入りワクチンを投与することもあります。それでも前述の理由により危険性は低いと思って問題ありません[2]。

セルフケアで普段から予防する

感染症予防には、セルフケアも重要となります。これらは当事者だけでなく、家族や周りの人にも気をつけてもらいましょう。厚生労働省でも奨励されている予防法は下記になります。

  • インフルエンザ流行期間中は人混みや繁華街を避ける
  • 人混みに近づく必要があるときはマスクを着用する
  • 外出後はうがい・手洗いを徹底する
  • アルコールによる手指の消毒も有効
  • 加湿器などを使って部屋の湿度を50~60%に保つ
  • 可能な限り休息を十分にとる、バランスの取れた食生活を心がける

これに加えて周りの人はくしゃみや咳は手やマスクでおおってしぶきが飛ばないようにする、鼻水や痰はティッシュにくるんで授乳婦、赤ちゃんから遠ざけるなどの注意をしましょう[3]。

※日ごろから栄養バランスのとれた食事を取り、生活習慣を整えることも大切です。授乳中の食事については、『産後の食事で注意すべきポイントとは?おすすめレシピを紹介』も参考にしてください。

参考文献

  1. [1]産婦人科診療ガイドライン─産科編2014. 日本産科婦人科学会. 日本産婦人科医会. 2014
  2. [2]厚生労働科学研究. “妊娠中の人や授乳中の人へ” 厚生労働省. http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/pdf/ninpu_1217_2.pdf(参照2018-02-25)
  3. [3]厚生労働省. “インフルエンザQ&A” 厚生労働省. http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html(参照2018-02-25)

今すぐ読みたい

「産後の栄養と健康管理」の関連情報