産後の栄養と健康管理
2018.03.30

赤ちゃんの授乳の間隔と授乳の負担を減らす方法

出産が近くなると気になることは増えていきますよね。授乳もその1つです。頻繁にするとは聞くものの、実際の間隔がわからない方も多いでしょう。慣れないうちは大変な授乳の負担を軽くする方法や、外出時の授乳について解説します。

初めての育児は慣れないことがたくさんあって大変だと思いますが、授乳もそのひとつです。ここでは、授乳の具体的なやり方や、外出先での授乳方法などについて解説します。

赤ちゃんに授乳する間隔はどのくらい?

生後まもなくは赤ちゃんが欲しがったら授乳

産まれたばかりの赤ちゃんは、母乳を飲んで寝てのくり返しです。新生児期(生後0~28日未満)は、赤ちゃんのおなかが空くたびに授乳します。この頃の授乳の間隔としては一般的には1~2時間おきですが、回数も間隔も決まりがあるものではないので、赤ちゃんが欲しがるだけあげることになります[1]。

生後1か月を過ぎると3時間おき程度に

体も思うように動かず、体力も落ちている中で頻繁に授乳することはかなりの負担です。しかし、生後1か月を過ぎるとだんだん授乳のペースができてくることが多いです。1日8回以上飲んでいるか、1日7~8回排尿があるか、1日3~8回排便があるか、1日18~30g程度体重が増えているかなどの目安を参考にしてもよいでしょう。3日に1回の排便でも赤ちゃんが機嫌よく過ごしていれば特に問題ありませんが、おなかが張っていたり、ミルクの飲みが少なかったりする場合は、受診しましょう。

便の回数が1日10回〜20回ちびちび出ることも珍しくないですが、かぶれが気になるときは受診しましょう[1]。最初のうちは昼夜問わずの授乳で気力・体力ともにつらいと思いますが、赤ちゃんの健やかな成長のために赤ちゃんのペースに合わせ、赤ちゃんが寝ている間は自分も休むなど工夫して乗りきりましょう。

授乳の負担を減らすために

授乳は1日中頻繁に行うことになります。しかし最初はうまく出なかったり、赤ちゃんがうまく飲んでくれずに十分に与えることができなかったりすることもあります。また、慣れない事へのストレスや疲れから母乳量が少なくなったり、母乳の出がよくなかったりなどの不調もあるでしょう。そういったときは無理をせずに、ミルクを活用してみる、ミルクであればたまには夫に変わってもらうよう協力を仰ぐ、なども大切です。

しかし、中にはミルクを嫌がる赤ちゃんもいます。さまざまな理由が考えられますが、あまり長く続くような場合は、医師や助産師に相談し、1人で頑張り過ぎないようにしましょう。

気になる外出時の授乳について

外出時の授乳は気になりますよね。厚生労働省が行った「授乳に関する現状」アンケートでも、以下の3つが授乳で困ったこととしてあがっています。

  1. 母乳不足
  2. 母乳が出ない
  3. 外出時の授乳の対策

外出時の授乳の対策について、おすすめの方法を紹介します[3]。

粉ミルクの携帯

外出時に授乳する時は粉ミルクを用意しておくと便利です。なるべく携帯に負担が少ない方法として、キューブ型の粉ミルク、3回分を小分けで持ち運べる容器、お湯と湯冷ましを軽量の魔法瓶に入れて保温保冷バッグに入れるなどがあります。

授乳ケープの活用

赤ちゃんがミルクを嫌がり母乳を欲しがる場合、お店など建物の中であれば化粧室等で授乳することもできますが、その場所が確保できないところでは授乳ケープが役立ちます。授乳ケープを使う事で、上半身を隠せるので公共の場でも視線をさえぎることができます。通気性が考えられているものもあるので、赤ちゃんが息苦しくなる心配はありません。おしゃれなものやブランケットにもできる便利なものなど、いろいろな種類があります。

親戚・友人宅では授乳できる部屋を貸してもらう

1回の授乳にかかる時間の目安は10~20分程度です。その時間ずっとトイレを借りるわけにもいかないので、可能であれば、人の出入りのない部屋などを借りることで、人目を気にせず、落ち着いた状況で授乳することができます。

まとめ

とにかく最初は大変な思いをすることも多いでしょう。どうしても赤ちゃんを優先することが多くなりますが、自分の体も労わってつらい時はできる限り体を休められるように、周囲に協力してもらうことも大切です。

参考文献

  1. [1]府中病院. “1か月健診でお母さんから多い質問” 府中病院小児科. https://www.seichokai.or.jp/fuchu/dept/page.php?ct=MQ==&sc=Ng==&no=MTU2(参照2018-02-24)
  2. [2]山本稔彦. “育児中の出来事” 山本産婦人科. http://www.yc-tsu.jp/dekigoto/ikuji/ikuji.html(参照2018-02-24)
  3. [3]厚生労働省. “授乳編” 厚生労働省. http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/01/dl/s0131-11b.pdf(参照2018-02-24)

今すぐ読みたい

「産後の栄養と健康管理」の関連情報

注目情報