産後の栄養と健康管理
2018.03.30

産後に起こりやすいトラブルと対策・予防法

産後は体や生活習慣が大きく変化するため、さまざまなトラブルが起こりやすくなっています。トラブルという言葉に不安を感じる人もいるでしょう。ここでは、産後に起こりやすいトラブルとその対策・予防法についてご紹介します。

ちょっとしたことで気分が落ち込んだり、抜け毛が増えたり、便秘や痔に悩まされる・・・など、産後はさまざまなトラブルが起こりやすくなっています。一人で悩まず、周囲の力を借りるなどして乗り切りましょう。

産後に起こりがちなトラブルとは

産後は体の生理的機能が急激に変化したり、生活習慣が変化したりすることなどから、さまざまなトラブルが起こる可能性があります。代表的なものをいくつかご紹介します。

マタニティブルー

産後のマタニティブルーの精神症状として、不安感や緊張感、涙もろさ、集中力の欠如、食欲不振、頭痛などがあげられます。分娩直後から7~10日以内にみられ、2~4日が発症のピークとなります。原因は女性ホルモンの急激な減少と推測されています。産後うつと間違いがちですが、基本的には一過性で、数日以内に自然に症状がなくなります。ただし頻度は低いものの「産後うつ」に移行するケースがあります。症状が長く続く場合は、かかりつけの医師を受診してください[1]。

産後うつ

産後うつの発症率は約1.5%。産後4週間以内に初期症状が認められます。多くの場合は退院後に気づき、子どもに対する過度な心配や不安、家事への不満、母としての自信喪失などを訴えることが特徴です。治療のためには早期受診が大切。産後10日をすぎたころ、マタニティブルーの精神症状がないかチェックしてみましょう。「母親なんだからがんばらないと!」と自分でなんでも抱え込まず、夫や家族、出産をした病院の助産師や自治体の産後ケア窓口などにつらさを伝えてみてください。周囲を頼ることが、産後うつを防ぐうえで大事になっていきます[1]。

抜け毛

妊娠中は女性ホルモンが増え、髪が抜けにくい状態になっています。しかし産後は女性ホルモンが急激に減少するため、抜け毛が増えてしまうのです。そのほか、子育てによる生活リズムの変化、ストレス、睡眠不足の影響が考えられます。個人差はありますが、およそ1年以内で自然に元に戻るので心配しすぎないようにしましょう。気になるときは、髪にボリュームを出すタイプのシャンプー・コンディショナーを使う、カットを工夫する、ホットカーラーやコテなどでボリュームを出す、などの対策があります。

※産後の抜け毛については、『産後の抜け毛の原因と対処方法』もあわせてご覧ください。

妊娠中に増えた体重が戻らない

出産時には、胎児・胎盤・羊水の排泄・出血で、体重は 6kg 程度減少します。その後、さらに2kg以上体重が減りますが、皮下脂肪のため出産後2~3か月の時点で、妊娠前に比べ3~4kg増えているのが多いケースです[2]。体重を戻そうとあせって、過度なダイエットを行うのは厳禁。極端に食事量を減らしてしまうと、母乳を通じて赤ちゃんに影響が及ぶことがあります。産後は骨盤も不安定なので、激しい運動も避けてください。産後は産褥体操から始めて、2~3か月経過してからウォーキングやヨガなどを取り入れましょう。リフレッシュにもなります。

腰痛

産後は、妊娠中ならびに産後数か月にわたって分泌されるホルモンにより靭帯や恥骨と呼ばれる骨盤の結合部分がゆるむため、腰痛を起こしやすくなります[3]。また長時間の抱っこや家事などで、腰に負担がかかることも影響します。日常生活がままならなくなることで、イライラしてしまうこともあるでしょう。バランスボールを使用した産後エクササイズや、骨盤をサポートするショーツやベルトが有効な場合もあります。妊娠中から適度な運動を行い、筋力を養っておくことも予防になります。

便秘

産後は育児に時間を取られがちです。便意を我慢したり生活習慣が乱れたりすると排便反射が鈍くなってしまい、直腸性便秘を引き起こしやすくなってしまいます[4]。便意を我慢しない、水分をこまめにとる、食事をきちんととる、特に食物繊維が豊富な食品を多めにとることを心がけてください。長引いてつらいときは医師、薬剤師に相談してみましょう。

分娩中のいきみや産後の便秘などが原因になり、肛門の上皮が傷つく「きれ痔」を起こすことがあります。特に便秘は、肛門に負担をかけるので注意してください。便意をがまんしたり、排便時にいきみすぎたりすることも影響します。きれ痔は自然に治ることもがありますが、2~3週間続くようなら医師に相談しましょう。痔核や脱肛で炎症や痛みが出ている場合も薬が処方されることがあります。肛門部を清潔に保つために、排便後にシャワートイレを使うのもよいでしょう。

尿漏れ

産後の尿漏れは、分娩時の骨盤底筋への負担が原因になります。骨盤底筋がゆるむことで尿道の締まりが悪くなり、尿もれにつながります。産後3~4か月すると基本的には自然に戻るので、その間は市販の尿漏れ用パッドを活用するとよいでしょう。以下の尿漏れ予防体操もおすすめです[5]。

尿漏れ予防体操

  1. あおむけになる
  2. おしっこをがまんするような気持ちで尿道を締める。息を止めないように注意
  3. 締めたままゆっくり5つ数え、ゆっくり力を抜く。毎日40~100回行う

肌荒れ

妊娠中は女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が増加しますが、産後は急激に減少します。エストロゲンには肌をみずみずしくする作用があるため、減少すると乾燥や肌荒れを起こしやすくなります。また便秘や育児・家事の疲れ、ストレスなども要因になります。ホルモンバランスは産後6~8週間で元に戻るので、肌荒れも自然に治まっていくでしょう。それまでの間は、低刺激タイプの化粧品でのケアがおすすめです。

※産後の肌荒れについては、『産後の肌荒れの原因と対策』もあわせてご覧ください。

まとめ

出産後は体も生活環境も大きく変わるため、その変化に戸惑うことは多いものです。生理的な変化は一過性なので気に病まないようにしましょう。便秘や痔などが長く続いて苦しいときは、医師や薬剤師に相談してください。生活習慣(食事、睡眠、運動)を良好に保つことを心がけておくと、トラブルの予防にもつながります。

参考文献

  1. [1]神崎秀陽. 12.産褥異常の管理と治療, 日産婦誌 2002; 54(7): 202-213
  2. [2]松戸市. "お産のあとは~産後編~" まつどDE子育て. https://www.city.matsudo.chiba.jp/kosodate/matsudodekosodate/kosodatenavi/ninshinshitara/mamapapa/text.html(参照2018-02-28)
  3. [3]松岡あやか. 妊産褥婦における骨盤支持の目的と方法および効用に関する文献検討. 南九州看護研究誌. 2014; 12(1): 41-49
  4. [4]高井郁美. 妊産婦の便秘と対処法に関する実態, 石川看護雑誌 2014; 11: 103-110
  5. [5]公益財団法人世田谷区保健センター. "尿失禁体操" 公益財団法人世田谷区保健センターウェブサイト. http://www.setagayaku-hokencenter.or.jp/exercise/lesson009.html(参照2018-02-28)

今すぐ読みたい

「産後の栄養と健康管理」の関連情報

注目情報