免疫
2018.03.30

NK細胞を活性化させるのに乳酸菌が効果的って本当?

近年、ヨーグルトがNK細胞などの免疫細胞を活性化させる効果があるとして注目されていることをご存知ですか?ヨーグルトには整腸作用だけでなく、本当に免疫力をつける作用もあるのでしょうか。ここではその真偽についてご説明します。

健康のサポート食品として活用されるヨーグルト

健康のサポート食品として活用されることも多いヨーグルト。近年、NK細胞などの免疫細胞を活性化させることで、免疫力をつけるサポート効果もあるとして注目を集めるようになりました。その効果は本当なのでしょうか。真偽について見ていきましょう。

免疫の重要な役割を担うNK細胞とは?

体の中にウイルスや細菌などの異物が侵入した際に、それらを攻撃・排除して健康を保つ仕組みを「免疫」と言います。免疫に関わる細胞の1つにNK(ナチュラルキラー)細胞と呼ばれるリンパ球が存在します。NK細胞は、ウイルスに感染した細胞などをいち早く見つけて攻撃・破壊する、即戦力として働く重要な役割を担っています。

※免疫のメカニズムとNK細胞の働きについて、詳しくは『NK(ナチュラルキラー)細胞とは?働きとメカニズム』をご覧ください。

乳酸菌がNK細胞を活性化させる?

では、ヨーグルトには本当にNK細胞の活性化をサポートする力があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

乳酸菌と免疫の関係

ヨーグルトに含まれる乳酸菌に関してはさまざまな実験が行われており、今のところ乳酸菌には整腸作用、ロタウイルスや抗生物質による下痢症状の改善作用、乳糖不耐症軽減作用など、科学的に証明されている作用があります。

まだ動物実験の段階ではありますが、アレルギーやコレステロールの低減作用、血圧降下作用などの効果も見られることがわかっています[1]。

乳酸菌の研究は、免疫活性との関係についても行われています。その結果、一定の乳酸菌においては免疫能調節作用が見られたとの報告があります。

細胞の活性化が示唆されている代表的な乳酸菌

免疫細胞の活性との関係が報告されている主な乳酸菌をご紹介しましょう。

モラック乳酸菌®(MoLac-1:モラック・ワン)
モラック乳酸菌®は森永乳業の登録商標です。乳酸菌の正式名称はMCC1849株で、ラクトバチルスと呼ばれる乳酸桿菌のひとつです。
研究によると、MoLac-1 をマウスに摂取させると、脾臓中の NK 細胞の割合が増加したと言います。
また、インフルエンザウイルスを感染させた場合、MoLac-1 を摂取したグループでは摂取しなかったグループに対してインフルエンザの症状や肺中のウイルスが減少したこともわかりました[2]。
R-1乳酸菌(乳酸菌1073R-1株)
明治が発見したで、正式名称をLactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricus OLL1073R-1(ラクトバチルス・ブルガリクス・OLL1073R-1株)と言うブルガリクス菌の一種です。
研究によると、R-1乳酸菌が産生する酸性EPSという物質をマウスに3週間経口投与し、脾臓細胞のNK活性について調べたところ、そうでないマウスに比べてNK活性の上昇が認められたとされます。
また、1073R-1乳酸菌を使用したヨーグルトにおいても、同様の結果が見られたことがわかっています[3]。
クレモリス乳酸菌(クレモリスFC株)
正式名称をLactococcus lactis subsp. cremoris FC株(ラクトコッカス・ラクティス・サブスピーシズ・クレモリスFC株)と言い、カスピ海ヨーグルトの粘り成分となっている乳酸菌です。
クレモリスFC株を用いた発酵物を摂取したところ、NK細胞の活性化やアレルギーに関係する血中IgE(※1)の低下作用、アトピー性皮膚炎の軽減作用が見られたことが報告されています[4]。

※1(IgE):免疫グロブリンのひとつ。アレルギー疾患や寄生虫疾患で高値を示す。

プラズマ乳酸菌(JCM5805)
キリン株式会社と小岩井乳業の共同研究で発見された乳酸菌で、正式名称をLactococcus lactis JCM5805(ラクトコッカス・ラクティスJCM5805株)と言います。
他の乳酸菌とは違い、免疫細胞の司令塔とも言えるpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)を直接活性化することがわかったことから「プラズマ乳酸菌」という名前がつけられました。
ヒトによる研究においてJCM5805を経口摂取したところ、pDCが活性化し、間接的にNK細胞やキラーT細胞が活性化したことが報告されています[5]。
※プラズマ乳酸菌の効果について、詳しくは『プラズマ乳酸菌の効果と他の乳酸菌との比較』をご覧ください。

まとめ

乳酸菌にはさまざまな種類が存在しますが、中には一定の免疫細胞を活性化させることが実験で示唆されているものもあります。免疫システムの中でも即戦力として働くNK細胞の活性化が期待され、研究が進められている乳酸菌を、健康をサポートする目的でとり入れてみてもいいかもしれません。

参考文献

  1. [1]プロバイオティクスとして用いられる乳酸菌の分類と効能 http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1110_01.pdf
  2. [2]新規乳酸菌 MoLac-1(モラック・ワン)による免疫賦活作用と関与成分の特定 https://www.morinagamilk.co.jp/download/index/4793/120322-1.pdf
  3. [3]乳酸菌による「免疫機能」調整作用と「ピロリ菌」抑制作用 http://www.nyusankin.or.jp/scientific/pdf/Nyusankin_484_a.pdf
  4. [4]カスピ海ヨーグルトの 粘り成分が免疫細胞を活性化する https://www.fujicco.co.jp/cms_news/news/upload/pr_20080327.pdf
  5. [5]乳酸菌による「免疫賦活」効果 http://www.nyusankin.or.jp/scientific/pdf/Nyusankin_487_a.pdf

今すぐ読みたい

「免疫」の関連情報

注目情報