ロタウイルスとノロウイルス
2018.02.28

ノロウイルスを予防する食べ物とは

ノロウイルスは感染力が強く、乳幼児から高齢者まで幅広く感染するウイルスです。そのため、一般的な感染予防とともに、体の抵抗力をつけておくことも大切です。ノロウイルスの予防に効果的な、免疫をつけやすい食べ物をご紹介します。

感染力が強く、悪心(吐き気)や嘔吐、下痢、腹痛、発熱などのつらい症状を引き起こすノロウイルス。感染を予防するには、日ごろからどのようなことに気をつければいいのでしょうか。ノロウイルスの予防方法と、予防に役立つ食べ物についてご紹介します。

ノロウイルスを予防するには

ノロウイルスの感染経路には、主に以下の3つがあります。[1]

・ノロウイルスに汚染された食べ物を、生食や加熱が不十分な状態で食べることによる経口感染。
・ノロウイルスに汚染された手を十分に洗わないまま調理したことで食品が汚染され、それを食べることによる経口感染。
・感染者の便や嘔吐物・ノロウイルスに汚染されたドアノブなどに触れた手が口に触れることで取り込まれる接触感染。

※ノロウイルスの原因と感染経路について、詳しくは『ノロウイルス胃腸炎の原因と感染経路』をご覧ください。

ノロウイルスに感染しないためには、まず外出から帰ってきたときや食事の前、排泄後など、うがい・手洗いを徹底することが大切です。うがいと手洗いには付着したウイルスを物理的に除去する効果があります。また、ノロウイルスを蓄積しやすい牡蠣(カキ)、あさり、しじみなどの二枚貝は、しっかり加熱して食べましょう。ウイルスを確実に殺すには、中心部が85~90℃で90秒以上の加熱が必要です。二枚貝を調理した後はもちろん、それ以外のときも、調理器具は十分に洗浄し、こまめに消毒しましょう。

※手洗いや食品の加熱、消毒の具体的な方法、感染者が出たときの対応については、『ノロウイルスを予防する正しい殺菌方法』をご覧ください。

ノロウイルスの予防には体の抵抗力をつけることも大切

ノロウイルスを予防するには、一般的な予防方法だけでなく、日ごろから体の抵抗力をつけておくことも大切です。十分な睡眠や運動など、抵抗力をつける方法はいろいろですが、ここでは中でも重要な食生活にスポットを当て、効果的な食べ物をご紹介します。

基本はバランスよく食べること

体の抵抗力とは、病原菌に対抗する免疫のことです。これを活性化させるには、常にバランスよく食べることが重要です。主食(ご飯、パン、麺類など)で炭水化物を、主菜(肉、魚、卵、豆類など)でタンパク質や脂質を、副菜(野菜、海藻、きのこ類など)で各種ビタミンやミネラルをまんべんなく摂りましょう。何をどれぐらい食べるべきかは、農林水産省が出している食事バランスガイドを参考にするといいでしょう。[2]

免疫がつきやすい食べ物を意識的に

バランスのよい食事を意識したうえで、毎日の食卓に何かしら免疫をつけるのに効果的な食材・食品が乗っていると、より効果的でしょう。毎食とは言わないまでも、1日に一度くらいは意識してとり入れてみてください。免疫をつけるのにおすすめの食べ物を一部ご紹介します。

乳酸菌・ビフィズス菌を含む食べ物
乳酸菌やビフィズス菌は乳酸や酢酸などの有機酸を作り、腸内を酸性にすることで悪玉菌の増殖を抑えたり、腸の運動を活発にするサポートをします。これにより、腐敗産物の産生を抑制し、健やかな腸内環境を作ることで食中毒などの予防効果を高めます。また、乳酸菌やビフィズス菌の種類によっては、免疫細胞を活性化させてウイルスや細菌への抵抗力を高める効果があることも、最近の研究によりわかっています。[3]乳酸菌やビフィズス菌を多く含む食べ物には、ヨーグルト、乳酸菌飲料、納豆、漬物などがあります。
オリゴ糖が豊富な食べ物
オリゴ糖は消化・吸収されることなく大腸まで達し、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の栄養源となって増殖を促す働きをします。そのため、整腸作用に寄与し、結果的に免疫力をつけるサポートとなります。オリゴ糖が豊富な食べ物には、大豆、たまねぎ、ごぼう、ねぎ、にんにく、アスパラガス、バナナなどがあります。
食物繊維が豊富な食べ物
食物繊維もオリゴ糖と同様に善玉菌の栄養源となり、増殖を促して免疫力をつけるサポートをします。食物繊維は、豆類・野菜類・果物類・きのこ類・海藻類に多く含まれます。代表的な食材には、しらたき、さつまいも、切干大根、かぼちゃ、ごぼう、たけのこ、ブロッコリー、おから、ライ麦パン、しらたき、ひじきなどがあります。

良質なタンパク質を含む食べ物

良質なタンパク質とは、タンパク質の含有量が多く利用率の高いもので、卵類・肉類・豆類に多く含まれます。タンパク質は筋肉、臓器、皮膚、毛髪などの体構成成分と、ホルモン、酵素、そして「免疫細胞」である抗体などの体調節機能成分をもった栄養素で、生命維持と免疫力の維持に欠かせないものです。

まとめ

ノロウイルスを予防するにはうがい・手洗いを徹底すること、調理器具は十分に洗浄し、こまめに消毒すること、ノロウイルスが蓄積しやすい二枚貝などの食品は十分に加熱して食べることがもっとも大切です。あわせて、日ごろから体の抵抗力をつけておくと、より効果的でしょう。必要な栄養素をバランスよく摂り、できるだけ決まった時間に食べるなど、食事のリズムも整えましょう。また、整腸作用を促す食べ物は免疫をつけるサポートとなるので、意識的にとり入れることをおすすめします。

参考文献

  1. [1]社会福祉施設等におけるノロウイルス対応標準マニュアル(ダイジェスト版) 東京都福祉保険局 http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/assets/diseases/gastro/pdf-file/norodigest20.pdf
  2. [2]実践食育ナビ 農林水産省 http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/zissen_navi/balance/division.html
  3. [3]プロバイオティクスとして用いられる乳酸菌の分類と効能 http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1110_01.pdf

「ロタウイルスとノロウイルス」の関連情報

注目情報