ロタウイルスとノロウイルス
2017.11.30

ロタウイルスが流行る時期と感染の予防方法

ロタウイルスは感染力が強く、ごくわずかなウイルスが体内に入るだけで感染してしまうので、感染を防ぐためには日頃から対策しておくことが大切です。ロタウイルスが流行する時期と、感染の予防方法についてお伝えします。

監修医師

監修 コロンビア内科 院長  小谷晃司先生

ロタウイルスは5歳までの子供が感染しやすく、毎年多くの患者を出す感染症です。年間を通して発生しますが、特に多く流行する時期はいつなのでしょうか。流行時期を知ってしっかり対策しましょう。

ロタウイルス発生のピーク時期と、毎年流行する理由

ロタウイルスの発生が多くなる時期と、毎年の主な流行時期についてお伝えします。また、なぜ毎年流行するのか、感染症を防げない理由についても説明します。

ロタウイルスの主な流行時期と発生のピーク時期

ロタウイルスは、主に年明けの1月~4月頃に流行します。時期的に、インフルエンザの流行とかぶることが多いです。また、3~5月頃に発生のピークを迎えることが多いといわれています。

ロタウイルスの流行を防げない理由

ロタウイルスは非常に感染力が強い点が特徴です。体内に10~100個程度入っただけでも感染してしまうことや、感染者の便を処理した後に手洗いをしていても、手や爪に残ったウイルスが体内に入り感染が広がっていくといわれています。また、ロタウイルスはノンエンベロープウイルスであり、アルコール消毒剤や熱に対する抵抗力が高いことで知られています。一度かかっただけでは十分な免疫が付かず、再発することが多いのも特徴です。ただし、症状は初めて感染したときに強く出て、それ以降は軽くなることが多いです。

ロタウイルスの感染を予防する方法

ロタウイルスに感染すると、乳幼児の場合は脳炎や脳症になる場合もあるので、予防対策をしっかりしておくことが大切です。効果的な予防法をご紹介いたします。[1]

予防接種を受ける

もっとも効果的な予防法は、予防接種を受けることです。2種類のロタウイルスワクチン(単価と5価)が承認されていて、任意で接種を受けることができます。対象者はいずれのワクチンも乳児で、具体的な接種期間は、単価ロタウイルスワクチン(2回接種)の場合は生後6~24週の間、5価ロタウイルスワクチン(3回接種)の場合は生後6~32週の間です。ただし、どちらのワクチンも1回目の接種は14週6日までが推奨されています。詳細についてはそれぞれの医療機関にご相談ください。

手洗い、うがいを徹底する

ロタウイルスの主な感染経路には、接触感染と経口感染があります。

経口感染
病原体を含んだ食物や水分を経口で摂取することによって、病原体が消化管に達して感染が起きます。
接触感染
感染源である人に触れることで伝播がおこる直接接触による感染(握手、だっこ、キスなど)と、汚染された物を介して伝播がおこる間接接触による感染(ドアノブ、手すり、遊具など)があります。

接触感染の予防には手洗いが効果的です。正しい手洗いの方法については、『インフルエンザの感染・発症を予防する5つの対策』をご覧ください。

アルコール消毒で除菌する

食べ物からの経口感染を防ぐために、調理器具やキッチンは常に清潔にしておきましょう。消毒液には次亜塩素酸ナトリウムが有効です。1Lのペットボトル1本の水に4ml 希釈して用いてください。また、流行時期はドアノブなどたくさんの人の手が触れるところをこまめに除菌することも、予防において大切です。

免疫力を低下させない生活を送る

ウイルスは、免疫力が低下しているときに感染・発症しやすくなります。常に免疫力を低下させない生活を送ることも大切です。睡眠、休息、運動、食事などに気をつけることで、免疫力を維持することが可能といわれます。特に、食生活ではバランスのよい食事を心がけましょう。

※免疫力の低下を防ぐ生活について、詳しくは『免疫力を高める生活とは?健康な体をつくる食事と習慣』をご覧ください。

まとめ

ロタウイルスは、主に年明け~春にかけて流行します。感染力が強いため、流行時期はもちろん、そうでないときでも常に感染を予防するよう意識して生活することをおすすめします。

参考文献

  1. [1]厚生労働省 保健所における感染症対策ガイドラインhttp://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku02.pdf

「ロタウイルスとノロウイルス」の関連情報

注目情報

カテゴリー

記事ランキング