風邪
2017.12.22

鼻水を止める方法と効果がある食べ物

鼻水がなかなか止まらなくてつらい思いをした経験がある人も少なくないでしょう。風邪(かぜ)やアレルギー症状で鼻水が止まらなくなるのは、なぜなのでしょうか。鼻水の原因や仕組みと、症状を緩和させる方法についてお伝えします。

風邪(かぜ)やアレルギー症状のひとつである鼻水。止まらない、つまるといった症状が出ると、わずらわしくてイライラしてしまいますよね。そこで、ここでは鼻水の症状を緩和させる効果的な方法をご紹介します。

鼻水が出る仕組みと原因

症状を和らげる方法の前に、まずはなぜ鼻水が出るのか、その仕組みと主な原因について知っておきましょう。

鼻水が出る仕組み

鼻水は、鼻に侵入した異物や刺激物を外に出そうとする、鼻の粘膜の防御反応のひとつです。ウイルスやほこりなどの異物を吸い込むと鼻の粘膜が刺激され、反射作用によって鼻水が分泌されるのです。

鼻水が出る主な原因

鼻水の原因となるものには、主に以下のものがあります。

風邪などの原因ウイルス
風邪などの原因となるウイルスが侵入して鼻の粘膜が刺激されると、これを排除しようとくしゃみや鼻水の症状が引き起こされます。風邪の初期に鼻水の症状が出やすいのは、このためです。
花粉やハウスダストなどのアレルゲン
花粉やホコリなどのハウスダスト、ダニやカビ、ペットの毛などが体内に侵入すると、体がアレルギー反応を起こしてくしゃみや鼻水の症状が出る場合があります。すべての人に起こるわけではなく、アレルギー体質を持った人にのみ起こります。また、何が原因になるかも人によって異なります。ひとつのアレルゲンが原因になる場合もありますが、複数の原因に反応するケースも多いです。
環境による要因
急激な温度変化や温度低下によっても、くしゃみや鼻水などの症状が誘発されることがあります。これは、アレルギー体質を持っている人により多く見られるそうです。血管運動性鼻炎や寒暖差アレルギーなどと呼ばれることもありますが、はっきりとした原因はわかっておらず、ストレスとの関係も指摘されています。[1]

鼻水を止める方法

風邪などのウイルス感染が原因となる鼻水の場合は、感染症を治すことが先決です。病院で薬を処方してもらい、安静にして体調の回復に努めましょう。そのうえで、風邪などの原因となるウイルスは湿度が高いと増殖しにくいので、マスクを着用して粘膜の乾燥を防ぎましょう。

アレルギーが原因となる鼻水の場合は、アレルゲンを除去することが大切です。まずは症状をもたらす原因が何かを突き止めましょう。病院で検査をすれば、アレルゲンが特定できます。花粉が原因であればマスクをして体内への侵入をできるだけ防ぎ、外出から戻ったら玄関前で服をはらって家に花粉を持ち込まないよう努めましょう。部屋の換気も、花粉の飛散量が少ない日や時間帯(夜間など)を選んで行いましょう。ハウスダストやカビ、ペットの毛などが原因の場合は、掃除をこまめに行い、常に家を清潔に保ちましょう。布団もこまめに干し、ほこりやダニなどをできるだけ除去してください。

血管運動性鼻炎が疑われるときは、温度の急激な変化に注意し、体温調節しやすい服装にするなど工夫しましょう。マスクを着用するのも効果的です。

いろいろな対策を試しても症状が改善されないときは、医療機関を受診してください。主な治療法には、内服薬や点鼻薬の処方、洗浄やネブライザーによる治療などがあります。赤ちゃんや小さい子供の場合は鼻水をうまく外に出せないことも多いので、かかりつけの病院で吸引してもらうことをおすすめします。家庭用として市販もされているので、こちらも活用してみるといいでしょう。

鼻水に効果のある食べ物

それでは、最後に鼻水の緩和効果や、鼻の粘膜を保護する働きが期待できる食べ物をご紹介します。

ネギ、生姜
風邪の初期症状である鼻水の場合は、発汗作用や殺菌作用が期待できるネギや生姜を積極的に食べましょう。症状の早い回復に役立ちます。体を温める作用もあります。
レバー、うなぎ、人参
鼻水が止まらないと鼻をかむ回数が増えるので、粘膜を傷つけやすいです。弱くなった粘膜を強化すべく、ビタミンAを多く含む食べ物を意識的に食べましょう。

まとめ

鼻水の症状を緩和させるには、まずその原因を特定し、それに合った対応をすることが大切です。風邪が原因であれば、薬を服用するなど対症療法を試みながら風邪を早く治すことに努めましょう。風邪の回復につなげる食材や、粘膜の保護効果が期待できる食材を意識的にとってみるのもいいでしょう。アレルギーが原因の場合は、アレルゲンを近づけないよう工夫してください。どうしても症状が改善されないときは、医療機関に相談しましょう。

参考文献

  1. [1]アレルギー性鼻炎 http://www.jslm.org/books/guideline/24.pdf

今すぐ読みたい

「風邪」の関連情報

注目情報

カテゴリー

記事ランキング