風邪
2017.12.22

くしゃみが連続で何回も出てしまう原因

異物や刺激物などを体内から追い出そうとする防御反応のひとつ、くしゃみ。しかし、これが連続して出てしまう場合もあります。これには、何か理由があるのでしょうか。連続するくしゃみの考えられる原因についてお伝えします。

くしゃみや鼻水、咳などの症状は、異物や刺激物を排除しようとする体の防御反応のひとつです。鼻水は異物を洗い流すことで排除しようと働き、くしゃみや咳は吹き飛ばすことで排除しようと働きます。しかし、防御反応とわかっていても、連続して何回も出てしまうと困ってしまいますよね。電車やバス、人ごみの中にいるときや、仕事中など、いつまでも止まらないと焦ってしまう状況も少なくありません。くしゃみが連続して出てしまうのには、どのような理由があるのでしょうか。原因を知ると、対策しやすいかもしれません。考えられる原因についてまとめてみました。

くしゃみとは

くしゃみが連続して出る原因について見ていく前に、まずはくしゃみとは何かについて簡単におさらいしましょう。

くしゃみは、鼻から侵入したウイルスや細菌、ほこり、花粉などの異物を外に出すために、体に備わった防御反応のひとつです。何かしらの異物が鼻から侵入し、これが知覚神経を刺激すると、くしゃみが出ます。

原因物質にはさまざまなものがあり、くしゃみだけでなにが原因かを特定することはできません。くしゃみにともない咳や鼻水、頭痛、発熱などの症状が見られるときは、風邪など、ウイルスや細菌による感染症が疑われます。ある季節にのみ症状がひどくなったり、年中鼻水をともなうくしゃみが頻繁に出るといった場合は、ある種のアレルギー症状である可能性が高いです。

くしゃみが連続で何回も出る原因

では、くしゃみが連続して出る場合があるのはなぜでしょうか。考えられる原因を見ていきましょう。

空気の汚れ

くしゃみや鼻水は、汚染された空気(環境)にいると出やすくなります。ゴミやほこりなどが空気中に多く漂っていると鼻から吸い込む量も多くなり、異物を排除しようと防御反応が強く働くためです。吸い込んだ異物の量が多いと、くしゃみが頻発したり、連続して何回も出る場合があります。また、そのような環境にい続けると、異物を吸い込み続けることで症状は治まりません。

花粉やハウスダストなどによるアレルギー

花粉やダニ、ほこりなどに反応してしまうアレルギー症状がある人は、アレルゲンが体内に侵入するとくしゃみや鼻水などの症状が起こります。前述のとおり、くしゃみは体の防御反応のひとつなので、アレルゲンを吸い込み続ける限り症状は治まりません(薬を服用した場合を除きます)。アレルギーを起こしやすい物質としては、主に以下のものがあります。

  • 花粉(代表的なものに、スギ、ヒノキ、シラカバ、イネ、ブタクサ、よもぎ など)
  • ハウスダスト(ダニ、ほこり など)
  • ペットの毛

自律神経の乱れ

くしゃみは、自律神経が乱れることでも起こりやすいといわれます。代表的なものに、寒暖差によるくしゃみと起床時のくしゃみがあります。

寒暖差
急激な温度変化によって自律神経が乱れると、くしゃみが起こりやすいとされます。特に、冷たい空気の刺激で出やすく、このような症状を寒暖差アレルギー、または血管運動性鼻炎と呼びます。温かい場所から急に空気の冷たい環境に出た場合などに起こりやすいので、注意が必要です。
起床時
朝、目が覚めたときにはくしゃみ鼻水が止まらなかったり鼻が詰まるのに、時間の経過とともに治まるという場合は、起床時の自律神経バランスの不安定から来ている可能性があります。[1]このような症状を、モーニングアタックと呼ぶこともあります。自律神経には、活動中や緊張しているときに優位に働く交感神経と、睡眠中やリラックスしているときに優位に働く副交感神経があります。睡眠中に副交感神経が優位となっていた自律神経は、目覚めとともに徐々に交感神経優位へと移行していきます。交感神経には血管を収縮させてくしゃみや鼻水を抑える働きがあるのですが、移行中はこの機能がうまく働かず、くしゃみや鼻水、鼻詰まりの症状を引き起こすことがあるのです。ただし、すべての人にモーニングアタックの症状が見られるわけではありません。このような症状は、鼻炎(アレルギー性を含む)の症状を持つ人に起こりやすいといわれます。

まとめ

くしゃみが連続で出てしまうのには、さまざまな原因があります。空気の汚れやアレルギーによる症状を抑えるには、マスクを着用したり、できるだけ原因物質が漂う空間に行かないなどの対策が必要となります。寒暖差による症状が疑われる場合は、体温を調節しやすい服装を心がけるなど、急激な温度変化を防ぐといいかもしれません。また、鼻の粘膜を保護する意味でも、やはりマスクの着用がおすすめです。自分の原因が何かを考え、それに合った対策を試みましょう。くしゃみを連発すると、まれに肋骨を損傷するなどのリスクもあるので、アレルギーが疑われるときなどは早めに医療機関を受診し、最善策を見つけてください。

参考文献

  1. [1]体内時計によるアレルギー反応の制御 https://www.med.yamanashi.ac.jp/ymj/pdf/nl/20150401134532_570.pdf

今すぐ読みたい

「風邪」の関連情報

注目情報

カテゴリー

記事ランキング