風邪
2017.12.22

くしゃみが出る主な原因と対処法

くしゃみにはさまざまな理由があり、原因ごとに対処法が違う場合もあります。正しく対処するためにも、自分のくしゃみの原因を知ることが大切です。くしゃみが出る主な原因とそれぞれの対処法をご紹介します。

くしゃみは、さまざまな原因によって引き起こされます。それぞれで対処法が異なるので、その時々のくしゃみの原因を知ることが大切です。くしゃみをもたらす主な原因と和らげる方法を知り、少しでもつらい時間を短くしましょう。

くしゃみが出るメカニズム

鼻は呼吸とともに、不要なもの(ほこりやウイルスなどの微生物など)を除去する役割も果たしています。知覚神経や自律神経系を通して外からのさまざまな刺激に反応し、気道の最先端で気管や気管支、肺などの下気道に害をもたらすものから体を守っているのです。その、害となる物質を外に出す反射作用のひとつに、くしゃみがあります。つまり、くしゃみは害をなすものから体を守る、体内メカニズムのひとつと言えます。

くしゃみの原因(1)ウイルスや細菌の侵入

ウイルスが体内に侵入しようとすると、反射作用でくしゃみが出ます。風邪(かぜ)の初期にくしゃみや鼻水の症状が出るのは、そのためです。花粉症との判断をつきにくいこともありますが、くしゃみ鼻水以外に風邪の諸症状(喉の痛みや咳、頭痛、発熱など)が見られる場合は、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染症が疑われます。

対処法

ウイルスや細菌の感染によりくしゃみが頻発するときは、まず安静にして風邪を治すよう努めましょう。鼻の粘膜が冷たい空気に触れるとくしゃみが出やすくなるので、部屋は暖かくし、できるだけ外出は控えましょう。また、風邪のウイルスは乾燥を好むので、マスクをして粘膜の乾燥を防ぐのも効果的です。

くしゃみの原因(2)アレルギー

風邪などの症状はないのにくしゃみや鼻水がひどいときは、アレルギーの可能性が高いです。くしゃみを引き起こすアレルゲンには、花粉やハウスダスト、カビ、ダニ、ペットの毛などがあります。何に反応しているかは人によって異なるので、適切な対処のためにも、アレルギーが疑われる場合は病院で検査してもらい、アレルゲンを特定しましょう。

この他、急激な温度変化や温度低下によってもくしゃみの症状が引き起こされることがあります。血管運動性鼻炎や寒暖差アレルギーなどと呼ばれます。[1]アレルギー性鼻炎を患っている人に、より多く見られるようです。

対処法

アレルギー性鼻炎によってくしゃみが頻発する場合は、原因となるアレルゲンを排除することが一番です。そのため、先にも述べたように、まずは検査によりアレルゲンを特定しましょう。花粉が原因となる場合は、その時期には常にマスクを着用し、体内に入るのをできるだけ防いでください。外出時は特に意識しましょう。外から帰ってきたら、玄関前で服をよくはらい、花粉を落としてから家に入りましょう。同居人にも、同じようにお願いするといいでしょう。

ハウスダストやカビ、ダニなどが原因になっている場合は、掃除をこまめに行い、アレルゲンをできるだけ除去しましょう。寝具は頻繁に干し、布団用の掃除機でできるだけほこりを吸い取りましょう。布製品を極力家に置かないようにすると、なおいいでしょう。ソファーやカーペットは皮製品などにし、ぬいぐるみなどは持たないようにすることをおすすめします。

このような対策では症状が改善しない場合は、耳鼻咽喉科を受診して薬を処方してもらったり、治療を受けてください。

寒暖差によるくしゃみは、マスクを着用すると効果的とされます。また、極端な温度変化をできるだけ防ぐべく、調節しやすい服装にするなど工夫しましょう。

まとめ

くしゃみはさまざまな原因で誘発されますが、ウイルスなのかアレルギーなのか、あるいは寒暖差など環境によるものなのかを確認し、それぞれに合った対処法を試みることが大切です。どうしても症状が改善しないときは専門の医師に相談し、適切な治療を受けましょう。

参考文献

  1. [1]アレルギー性鼻炎 http://www.jslm.org/books/guideline/24.pdf

今すぐ読みたい

「風邪」の関連情報

注目情報

カテゴリー

記事ランキング